家づくりの基本的な流れ

家をつくろうと思ったら最初にするべきことはどんな家に住みたいか考えることです。住宅展示場などを見て参考にすると実際の生活も想像しやすいので考えやすくなります。家族で新居に対する考えをきちんと話し合い優先順位を決めておくと万が一予算が足りないときに何を削ればよいか判断しやすくなります。次にするのはどこの会社に依頼するか決めることです。設計事務所やハウスメーカー、工務店などがありますがそれぞれにメリットとデメリットがあるので各社の特徴などよく調べて決めましょう。依頼先が決まったら間取りの決定や資金計画を立て見積もりを出し、その後図面を作成し工事に入ります。その後住宅の完成となります。

生活しやすさが決まる間取りの重要性

間取りの考え方はそれぞれの家庭により違ってはきますが収納や家事動線を重視する場合が多いようです。住んでいくにつれて荷物はどうしても増える傾向にあるので今の自分の家の収納スペースよりも少し大きめのサイズで考えて置くと良いでしょう。また収納場所をどこにするかも重要です。今ある荷物を使用頻度により分けて考えると決めやすくなります。家事動線とは料理や洗濯、掃除など家事をするときに移動する経路のことです。家事をしやすいように家事動線を考えることは効率よく作業するために大変重要になってきます。しかし家事動線を優先しすぎると収納や居住スペースが狭くなることもあり注意が必要です。毎日の生活のしやすさはどんな間取りにするかで決まります。後悔しないように自分の家庭に合った間取りを考えましょう。

フリーダムアーキテクツの公式サイト