まずは大まかな相場観を持つ

不動産の購入は人生で一度あるか無いかの大きな買い物です。誰しもがそんな大きな買い物で絶対に失敗したくはないですよね。注文住宅を建築する場合、まずは土地の購入から考えなければなりませんが、その土地選びで失敗しない為の第一ステップは、自分なりに情報を集める事です。現在ではインターネットの不動産ポータルサイトを見れば、自分が欲しいと思うエリアやその付近の販売されている不動産情報はすぐに手に入ります。まずはどれくらいの単価で販売されているのかを自分なりに調べてみましょう。結構時間のかかる作業ではありますが、根気良く調べていると、漠然とエリア別に相場がある事に気付きます。土地売買はもちろんこういった実際に取引されている相場が最も重要視されますので相場観を自分なりに磨いておきましょう。

売買価格を上下する理由を知る

土地売買にはエリア別に相場が形成されています。もちろん人気のエリアの相場は高いですし、人気のあまり無いエリアは相場が安くなる傾向にあります。また、エリアの他にも土地の売買価格に影響を与える要素がいくつかあります。まず土地に面している道路の幅によって土地の価格は変わります。道路の幅が狭いよりも広い方が土地価格は上がる傾向にあります。またその道路の種類が私道よりも公道の方が土地価格は高いと言えます。更に、道路に面している部分が長ければ長い程、土地の使い勝手が良い為に土地価格が上がります。また、土地の形が四角に近ければ近いほど整形地と呼ばれ土地価格が上がります。誰しもが欲しいと思う土地は、もちろん価格が上がるのです。こういう知識を事前に蓄えながら、理想の土地を探していく事が重要です。

駅近などの立地条件や周辺環境など、自分が求めている条件に合う土地はなかなか見つかりません。そういった土地探しの相談は、専門家に相談することで早期に解決させることができます。