ペット相談可物件は後から追加された条件

部屋探しをしていると、ペット相談可と謳う部屋を見かけることがあります。申告して特定の誓約書や敷金積み増しといった対応をすることでペットの飼育が出来るようになる部屋ですが、住民の中にはペット飼育を快く思っていない人がいることも確かです。なぜなら、ペット相談可としている部屋は、空室対策としてのみ条件緩和による入居者アップを狙った賃貸物件という可能性が高いからです。

ペット可物件ならば最初から許可されている

ペット可物件と記載がある部屋は、最初からペットを飼育するために建てられた可能性が高いです。壁紙についても、退去時に張り替える部分が床から1m以内といったように、最初から見切り部分がしっかり設けられているので、全面貼り替えを行なう手間もコストも削減した設計が行われています。コンセントの位置も高い場所に設置されているといった工夫があるので、ペットが単独で留守番時にプラグを噛じってしまう事故が発生しにくい特徴があるわけです。

可能な限りペット共生住宅を選びたい

理想的なペットとの暮らしを確保するためには、可能な限りペット共生住宅を選択すると良いでしょう。ペット共生住宅では、建築設計時点からペットを飼育するために必要な環境が整っています。足洗い場の設置が玄関付近にされており、玄関ポーチが広めに作られているなどの工夫が一般的です。室内換気扇も強化されて設置数が多い特徴もあるので、ペット特有の臭いが室内にこもりすぎないように配慮されています。オーナー自らがペットを飼育している可能性が高く、理解があるので入居者同士のトラブルの仲介に乗り出すことも少なくありません。

農業や漁業が盛んな北斗市は、土地区画整理事業なども進み、商業施設や住宅地が増加しています。そのため、北斗市の賃貸物件は暮らしやすくなっています。